logo

フォトレポート:分解、アップル「iBook G3」--真っ白なコンパクトノートブックの内側

文:Erik Eckel(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年11月04日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleの第2世代「iBook G3」が初登場したのは、2001年5月のことだった。12.1インチTFTアクティブマトリックス方式ディスプレイの自慢は最大1024×768の解像度だ。この、初の第2世代iBook G3のそのほかの仕様には、256Kバイト2次キャッシュを備えた500MHz CPU、8Mバイトの「ATI Rage Mobility」チップ、10Gバイトのハードディスク、USB 2基、FireWire 1基、ビデオ出力1基、Ethernetポート、モデムポートがある。

 Appleの第2世代「iBook G3」が初登場したのは、2001年5月のことだった。12.1インチTFTアクティブマトリックス方式ディスプレイの自慢は最大1024×768の解像度だ。この、初の第2世代iBook G3のそのほかの仕様には、256Kバイト2次キャッシュを備えた500MHz CPU、8Mバイトの「ATI Rage Mobility」チップ、10Gバイトのハードディスク、USB 2基、FireWire 1基、ビデオ出力1基、Ethernetポート、モデムポートがある。

提供:Erik Eckel/TechRepublic

 Appleの第2世代「iBook G3」が初登場したのは、2001年5月のことだった。12.1インチTFTアクティブマトリックス方式ディスプレイの自慢は最大1024×768の解像度だ。この、初の第2世代iBook G3のそのほかの仕様には、256Kバイト2次キャッシュを備えた500MHz CPU、8Mバイトの「ATI Rage Mobility」チップ、10Gバイトのハードディスク、USB 2基、FireWire 1基、ビデオ出力1基、Ethernetポート、モデムポートがある。

-PR-企画特集