logo

マイクロソフト、「Windows 7」の詳細を明らかに

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年10月29日 06時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロサンゼルス発--Microsoftは米国時間10月28日、「Windows Vista」の後継OSとなる「Windows 7」に関して、さらなる詳細を明らかにした。

 特にMicrosoftは、(Windows 7で)Windowsの起動およびシャットダウンに要する時間の改善に注力している。また、Microsoftは、社内での開発のみならず、システムパフォーマンスに影響を及ぼしかねない、あらゆる要素を、PCメーカーへダイレクトに知らせることで、共同開発を進めてきた。

 Windows 7の他の新機能としては、マルチタッチ入力のサポートや、複数の開いているウィンドウの管理を容易にする、新たなタスクバーなどが挙げられる。

 MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントMike Nash氏は「あなたが現在行っていることは、もっと簡単にできるようになり、常に求めてきたことが、現実のものとなるように、焦点が合わされてきた。より単純化および高速化を図る上で、非常に多くのことが成し遂げられてきた」と述べている。

 当地で開催されたProfessional Developer Conference(PDC)において、開発者には初期のプレベータ版が配布されており、最終製品版に搭載されることになる、あらゆるプログラミングインターフェースが装備されているものの、搭載予定の新機能に関しては、そのうちのいくつかが装備されているのみである。

 これまで2日ほど、(Windows 7の)新たなコードをチェックしてきた意欲的なユーザーの反応としては、この特に初期段階にあるOSにしては、Windows 7のリリースが安定していることを称賛する反応が目立っている。

 Windows 7から、Microsoftは、早期のリリースを構築する上でのアプローチに変更を加えてきた。過去において、Microsoftは、さまざまな開発段階にある新機能を、すべて(早期のリリースに)含めてきた。Windows 7からは、新機能は、十分な開発段階を経た後、初めてメインのWindowsビルドに含まれるようになる。

 明らかにMicrosoftは、Windows 7を、内部構造が大幅に変更され、数多くの非互換性に関する問題を引き起こした、Windows Vistaでの悪い第一印象とは無縁にしたいと願っている。Windows 7では、Microsoftは、ほとんどWindowsカーネルに大きな変更を加えておらず、他の構造に関しても、ほぼVistaと同じものを、引き続き採用している。

 Microsoftは、何度も繰り返し迷惑なダイアログボックスが表示されると、しばしば非難にさらされてきた、ユーザーアカウントコントロール機能など、評判が悪かった、他のVistaの機能に関しては、削減に努めてきた。Windows 7では、ユーザーは、PCに変更が加えられる時に、システムが発する警告の度合いを、自分で自由に選択できるようになる。

 Windows 7の次なる公開スケジュールは、全機能が搭載されるパブリックベータ版のリリースが、2009年初めに予定されている。

 Nash氏は、Windows 7の最終製品版のリリース前に、Microsoftが複数バージョンのベータ版を計画しているのかどうかに関しては、何も明らかにしようとはしなかった。「最初のベータ版が、どのようなものとなるのかを見極めていきたい」と、Nash氏は語った。

 Microsoftは、Windows 7を、2007年1月に行われたVistaのメジャーリリースから3年以内にリリースすると述べてきたが、最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏は、2009年中にもWindows 7がリリースされることを望んでいるとの意向を表明してきた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集