「Android」にセキュリティ上の脆弱性--ブラウザに問題

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2008年10月28日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが中心となって開発した「Android」にセキュリティ上の脆弱性が見つかったと、The New York Timesが米国時間10月24日付けで報じている。この脆弱性を悪用すると、マルウェアを仕掛けたウェブサイトにユーザーを誘導し、ユーザーのキー操作をひそかに記録できるおそれがあるという。

 記事によれば、米国家安全保障局でコンピュータセキュリティ担当者を務めた経験のある研究者、Charles Miller氏が、先週この脆弱性をGoogleに報告したという。同記事はまた、Googleのセキュリティ技術者、Rich Cannings氏の話として、Androidはコンパートメント化されているため、この脆弱性の影響は限定的になるとの見通しを伝えている。

 「すべてのアプリケーションが信頼できるわけではないため、われわれは1つ1つのアプリケーションをサンドボックス化している」とCannings氏はThe New York Timesに対して説明している。

 Googleの広報担当者が、ZDNet UKの取材に対して現地時間27日に語ったところでは、Googleは「Android用のブラウザソフトウェアのパッチを作成」しており、「まもなくこのアップデートをユーザーの『T-Mobile G1』に直接ダウンロードできるよう、T-Mobileと調整」しているという。HTC製のT-Mobile G1は、一般向けに発売された初のAndroid携帯だ。

 Googleの広報担当者はまた、同社としてはこの問題がユーザーのG1体験に「悪影響」を及ぼすことはないと考えていると語った。G1は、英国では30日にT-Mobileから発売される予定だ。

 報道によれば、Miller氏はこの問題の技術的な詳細をまだ明らかにしていないが、Miller氏の説明では、Androidで使われているブラウザに脆弱性があるため、悪意のあるウェブサイトを訪問すると、知らないうちにマルウェアを携帯電話にインストールされる危険性があるという。このマルウェアはユーザーのキー操作を記録できるため、個人情報やパスワードが盗まれてしまう。

 Androidは、OSからアプリケーションに至るまで完全に携帯電話向けのスタックで、Googleが主宰する業界コンソーシアムOpen Handset Allianceによって開発されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加