マイクロソフト、全世界での海賊行為に対する取り組みをPR

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年10月22日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月21日、「Global Anti-Piracy Day」という取り組みを発表した。Microsoftは違法ソフトウェアで利益をあげる行為を阻止するためにさまざまな対策を講じているが、これに周囲の関心を向けさせることが目的だ。

 この取り組みの中で、Microsoftは49カ国で実施した海賊対策に焦点を当てている。この活動には米国における訴訟からパキスタンで開催したジャーナリスト向けセミナーなどが含まれる。

 Microsoftはこのような海賊対策に常に取り組んでいるが、一度に多くの取り組みをまとめて紹介することで、ボリューム感を出そうとしている。

 MicrosoftのアソシエートゼネラルカウンセルであるDavid Finn氏はシンガポールから取材に応じ、「この声明でわれわれが説明したいことの1つは、この取り組みの多様な性質だ」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加