Twitterの共同創業者B・ストーン氏:「Twitterは順調だ」

文:Rafe Needleman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年10月23日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの最高経営責任者(CEO)の役職交代に関する発表を見て、筆者はTwitterの未来とビジネスモデルについて質問しなければと考えた。

 Twitterの共同創業者であるBiz Stone氏が、筆者からの質問に電子メールで回答してくれた。しかし、どこから利益が得られるのか、筆者にはいまだにわからない。

--あなたはTwitterをいずれは誰もが使うようになると考えていますか。それともニュースやブログに夢中になっている人たちだけのもので終わるのでしょうか。

Stone氏:Twitterは、複数のネットワークやデバイスに対応するリアルタイムのショートメッセージングサービス(SMS)です。世界中で人気が高まっており、利用者が気に掛けている人たち、組織、出来事で今起こっていることをリアルタイムで伝えています。利用者は、どこにいても、すぐに状況を知ることができます。Twitterはいずれ、誰もが使うものになると考えています。

--Twitterは5年以内に独立したビジネスになると思いますか。それとも、別の会社の1サービス、複数のサイトの標準的なサービス、あるいはバックエンドサービスなどになると思いますか。

Stone氏:Twitterは、世界中の人たちが信頼できるコミュニケーション手段として頼れる持続可能なビジネスになります。TwitterのAPIも確実に成長し、Twitterへの発言がほかのサイトに表示されたり、バックエンドサービスとして活用されたりするようになるでしょう。

--今回の金融危機はTwitterのビジネスにどのような影響を及ぼしていますか。経費削減の予定はありますか。

Stone氏:Twitterは、前回の資金調達の際、現在の経済状況に対する準備を整えていました。幸いなことに、これまでに立てた方針を維持できています。そうはいっても、必要に応じて、慎重に対応し、注意しなければならないでしょう。

--追加採用の予定はありますか。それとも、レイオフを計画していますか。

Stone氏:現在、従業員の採用を行っており、予算と成長計画に関しては、方針通りに事を進めています。

--Twitterが保有する現金、あるいは準備期間はどのくらいですか。

Stone氏:Twitterではこのような数字は公開していません。繰り返しになりますが、言えることは、われわれは前もって計画を立てており、計画を実行するのに必要な時間を確保しているということだけです。

--ビジネスモデルの開始時期とその内容は

Stone氏:われわれは、Twitterの商用利用が開始され、実際に成長が始まって以来、関心を持って見守ってきました。非常に興味深いチャンスがいくつかあると考えており、ほかのチャンスと同様、いくつかのアプローチを試しています。

--ところで、あなたの名前はどうしてBizなのですか。何かの省略形ですか。

Stone氏:これは小さいときからの名前です。わたしは「Chris-to-pher」を正しく言えず、「Biz-ah-bah」と言っていました。両親はおもしろいと思い、わたしをそう呼ぶようになりました。その後、学校でもみんなに知られてしまい、以来、Bizと呼ばれる場合がほとんどです。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加