logo

Firefox用拡張機能「Greasemonkey」、Google Chromeに対応

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年10月21日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブを多用する「Firefox」ユーザーの間で人気のカスタマイズツール「Greasemonkey」がオープンソースブラウザ「Google Chrome」向けにも提供される。

 Greasemonkeyの作者で、「Google Gears」に取り組むGoogleのプログラマーAaron Boodmans氏が、Chrome向けGreasemonkeyを作成した。このたびの変更はGoogle Operating Systemブログに記されている。

 現段階でGreasemonkeyを使用するには、Chromeの開発者向けバージョンを使用し、プログラムへのショートカットに「--enable-greasemonkey」フラグを追加する必要がある。

 Greasemonkeyを使うと、ウェブページの体裁を整えるスクリプトを実行できる。かつてGoogleのGmailサービスに「Delete」ボタンがなかった頃、Firefox向けのGreasemonkeyをインストールし、特定のスクリプトをダウンロードして、カスタマイズすることができた。

 Googleは、特定のGreasemonkeyスクリプトの実行を一部のページに限定したり、ブラウザが実行中のスクリプトをアップデートできるようにしたりするなど、Greasemonkeyのサポートを強化する予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集