今度のAQUOSはBlu-rayを内蔵--シャープから新DXシリーズが誕生

加納恵(編集部)2008年10月15日 17時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは10月15日、液晶テレビ「AQUOS」に、Blu-rayレコーダーを搭載した「ブルーレイ内蔵AQUOS DXシリーズ」を発表した。26型から52型まで6サイズ計16機種が発売される。発売は11月20日から。価格はオープンとなる。

シャープ代表取締役社長兼COOの片山幹雄氏 シャープ代表取締役社長兼COOの片山幹雄氏

 シャープ代表取締役社長兼COOの片山幹雄氏は「市場環境がかなり厳しくなり、弊社では薄型テレビの同質化競争の中、亀山ブランドを打ち出すことで戦ってきた。この年末はBlu-rayレコーダー内蔵という明らかな差別化モデルを発売することでがんばっていきたい。今後は『AQUOSときたらBlu-rayがついている』というくらいメインとなる製品にしていく」とDXシリーズに対する意気込みを話した。

 同社によるとBlu-rayレコーダー搭載液晶テレビは世界初とのことだ。

 Blu-rayレコーダー部では、Blu-ray Discへの録画ができるほか、Blu-rayソフト、DVD、CDの再生をサポート。Blu-ray録画は単体レコーダー「AQUOSブルーレイ」同様、独自の高画質圧縮技術トランスコーダー方式による最長5倍の長時間録画、2倍、3倍モードでの番組連動データ記録などの特徴を受け継いでいる。

 ディスクの読み込みや録画番組選択中にはテレビを視聴しながら操作できる「モーションガイド」を装備。ディスクを挿入すると自動的に電源が入り、再生がスタートするなどの「一発再生」機能も搭載した。

 AQUOSブルーレイと液晶テレビAQUOSを連動させることにより、高画質化されるという「AQUOS純モード」にも対応しており、Blu-rayソフトや録画済みハイビジョン番組を自然な画質のまま再生できるという。

 37型、42型、46型、52型には1920×1080ドットのフルハイビジョンパネルを、26型、32型には1366×768ドットのハイビジョンパネルを搭載。フルハイビジョンタイプは「倍速(120Hz駆動)液晶技術」採用したほか、1万5000対1の高コントラストの高画質を実現するという。

 同社では、Blu-rayレコーダーと液晶テレビを一体化したことで、別々に使用する時と比べ約15%の消費電力が抑えられるとしている。

 26型から42型まではブラック、ホワイト、レッドの3色展開、46型、52型はブラック、ホワイトの2色展開となる。ラインアップと店頭想定価格は以下のとおり。

  • LC-52DX1(52型 店頭想定価格:50万円前後)
  • LC-46DX1(46型 店頭想定価格:45万円前後)
  • LC-42DX1(42型 店頭想定価格:38万円前後)
  • LC-37DX1(37型 店頭想定価格:30万円前後)
  • LC-26DX1(26型 店頭想定価格:17万円前後)
「AQUOS DX」シリーズ 「AQUOS DX」シリーズ
説明 北米、欧州、アジアモデルも参考出品されていた。こちらはBlu-rayプレーヤー内蔵モデルとなる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加