logo

グーグル、ドイツの著作権侵害訴訟2件で敗訴

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年10月14日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月13日、ドイツで2件の著作権侵害訴訟に敗訴した。しかし報道によると、同社は控訴する意向だという。

 Bloombergニュースサービスによると、Michael Bernhard氏が、自ら所有する写真の1枚をGoogleにプレビューサムネイルとして無断使用されたとしてGoogleを提訴していた裁判で、ドイツの裁判所はGoogleの行為は著作権侵害に当たるとの裁定を下したという。

 また別の裁判で、ドイツの裁判所は、同じく著作権侵害でGoogleを提訴していたThomas Horn氏に勝訴の判決を下した。同氏は、自分が著作権を保有するドイツの漫画をGoogleが検索結果に表示したとして提訴していた。

 Bloombergによると、Bernhard氏の裁判で、裁判所は、サムネイルが元の画像に比べてはるかに小さいことや、解像度が低いことは問題ではないと裁定したという。

 Googleは、人気ブログpaidContent.orgで次のように述べている。「われわれは、Google Image Searchのようなサービスは完全に合法であると信じている。今日の判決は、ドイツのインターネットユーザーにとって大きなマイナスだ」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集