logo

エクストーン、「trunc(β)」のAPIを公開--ユーザーがガジェットを制作可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクストーンは10月3日、同社が運営するパーソナライズド・ホームページサービス「trunc(β)」において、APIを公開するとともに、新機能を追加した。

 trunc(β)は、ニュースやブログのほか、動画共有サービス、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、メールなどのの新着情報を1つのページにまとめて表示できるサービスだ。なお、エクストーンは「ニコニコ動画」のアフィリエイト広告サービス「ニコニコ市場」などを開発している。

 APIを公開したことで、ユーザー自身がtrunc(β)向けのガジェットを開発し、利用することが可能になった。開発したガジェットは、trunc(β)ポータル上で公開し、他のtruncユーザーと共有できる。

 このほか、新機能としてフリーレイアウト機能、デザイン変更機能を追加した。ガジェットを自由にレイアウトしたり、10種類のデザインから好きなデザインを選んだりできるようにした。

 フリーレイアウト機能は、ユーザー自身で制作したデザインも使えるようにする計画。今後は、trunc(β)の携帯電話対応やマルチプラットフォーム化を予定しているとのことだ。

-PR-企画特集