アップル、「Apple TV Software Update 2.2」「iTunes 8.0.1」をリリース

文:Jason D. O'Grady(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部(編集部)2008年10月06日 13時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが米国時間10月2日、「iTunes 8.0.1」をリリースした。58.5Mバイトのアップデートに含まれるのは、以下の機能。

  • 新規のGeniusプレイリスト作成時に現在の曲をシームレスに再生。
  • iPod nanoでのメニュー読み上げ機能の改善。
  • ダウンロード中にHD TVエピソードが削除される問題の解決。
  • App Storeアップデートの確認機能の改善。
  • VoiceOverを使用したアクセシビリティの向上。
  • Geniusの結果をiPodと同期したときに生じる問題の解決。

 iTunesはこちらのダウンロードページか、すでにインストールしている場合はSoftware Update経由で入手できる。

 Appleは同日、Apple TVのソフトウェアアップデート「Apple TV Software Update 2.2」もリリースしている。iTunes 8のGeniusプレイリスト機能がサポートされた。Geniusプレイリストは、楽曲再生中に再生/一時停止ボタンを押し続けると、「Start Genius」「Add To On-The-Go」と書かれた文字列が表示される。

 Apple TV 2.2はまた、「悪意をもって作成された動画ファイルを使って、アプリケーションの異常終了や、任意のコード実行」を誘発する脆弱性を修正している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加