logo

ケータイはまだまだ進化する--CEATECで見た未来の技術 - 2/16

永井美智子(編集部)2008年10月03日 22時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 同じくKDDIのブースで展示されていた、その名も「実空間透視ケータイ」。実際には6軸センサを使って端末の向きや傾きを検知し、端末の位置と姿勢をもとに3次元(3D)地図データの表示を変えるというもの。また、GPSや加速度センサ、マイクなどを利用して、ユーザーがどのような手段で移動中なのかも把握する。地図ビューアーなどでの利用を想定している。

 同じくKDDIのブースで展示されていた、その名も「実空間透視ケータイ」。実際には6軸センサを使って端末の向きや傾きを検知し、端末の位置と姿勢をもとに3次元(3D)地図データの表示を変えるというもの。また、GPSや加速度センサ、マイクなどを利用して、ユーザーがどのような手段で移動中なのかも把握する。地図ビューアーなどでの利用を想定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]