logo

ECサイト構築システム「EC-CUBE」に脆弱性、SQLインジェクション攻撃に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は10月1日、ロックオンが提供するオープンソースのECサイト構築システム「EC-CUBE」に複数の脆弱性が確認されたと発表した。

 特に、EC-CUBEによって構築されたECサイトが外部からSQLインジェクション攻撃を受けた場合、EC-CUBEの管理者権限が外部の第三者に取得され、EC-CUBE上に登録されている個人情報が漏えいする可能性がある。

 これらの脆弱性の影響を受けるシステムは、EC-CUBE Ver2 正式版 Version 2.1.2aおよびそれ以前、EC-CUBE Ver2 RC版 Version 2.3.0-rc1およびそれ以前となっている。なお、ロックオンではこれらの脆弱性を解消するための修正ファイルを配布している。

-PR-企画特集