JVC・ケンウッド・ホールディングスが設立--ビクターとケンウッドが経営統合

加納恵(編集部)2008年10月01日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターとケンウッドは2008年5月12日に作成した「株式移転計画書」および同日に締結した「統合契約書」に基づき、10月1日付けで共同持株会社、JVC・ケンウッド・ホールディングスを設立した。

 JVC・ケンウッド・ホールディングスは、日本ビクターの本社であった神奈川県横浜市のオフィスを本店所在地とし、代表取締役会長兼執行役員・最高経営責任者(CEO)には河原春郎氏が、代表取締役社長兼執行役員・経営責任者には佐藤国彦氏が就任した。

 同社では、カーエレクトロニクス事業、ホーム&モバイルエレクトロニクス事業、業務用システム事業、エンタテインメント事業を手掛けていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加