logo

CEATEC JAPAN 2008開幕--薄型テレビ、3D、ロボットまでが大集合

加納恵(編集部)2008年09月30日 21時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
27型の有機ELテレビの参考展示 27型の有機ELテレビの参考展示(ソニーブース)

 IT、エレクトロニクス総合展のCEATEC JAPAN 2008が9月30日から千葉の幕張メッセで開幕した。会場には薄型テレビや携帯電話、ホームネットワークなど、最新のデジタル製品が一堂に展示されている。なおCEATEC JAPAN 2008は10月4日まで開催される。

 会場内で特に目立ったのは薄型テレビの展示だ。CEATEC JAPAN 2008開催初日に製品発表したシャープの「AQUOS XS1」シリーズをはじめ、各社の秋の新製品が勢揃いした。

 参考出品も盛んで、ソニーは有機ELテレビの27型と、0.3mmの超薄型タイプを、パナソニックでは150型の4K×2Kプラズマと厚さ24.7mmのNeoPDPパネル搭載モデルを展示している。

「コンセプトゾーン3〜5年先のくらし」 「コンセプトゾーン3〜5年先のくらし」ではビデオカメラのワイヤレス接続や部屋の中を左右に移動するプラズマテレビなどを展示(パナソニックブース)

 テレビ同様に数多くの提案がされていたのが3D技術だ。パナソニックの「3D FLULL HD PLASMA THEATER」などのように商業用途のものから、3Dメガネを利用せずに3D化を実現するパイオニアの「3D Floating vision」、2D映像を擬似的に3D化するビクターの「リアルタイム2D/3D変換技術」まで、会場では多数のプロトタイプを見ることができる。

コンセプトモデル「PLY」 コンセプトモデル「PLY」。このほか「ガッキ ト ケータイ」なども展示された(KDDIブース)

 ブース別では、「3〜5年先のくらし」、「2015年以降のくらし」と未来のAVライフを提案するコンセプトゾーンを設けたパナソニックブース、「自由なテレビレイアウトの提案」として数多くのコンセプトデザインを展示した日立ブース、「PLY」やソーラーパネル搭載ケータイなどのコンセプトモデルを展示したKDDIブースなどが注目を集めていた。

 また、村田製作所ブースでは自転車型ロボットとして知られる「ムラタセイサク君」のイトコロボット「ムラタセイコちゃん」が登場。自転車に乗って現れるムラタセイサク君とともに、ムラタセイコちゃんの一輪車のデモンストレーションが見られる。こちらのデモは特に人気が高く毎回多くの人がつめかけていた。

-PR-企画特集