ケータイ動画が公開30分で1万回再生、モバゲー生チャットの舞台裏 - (page 2)

永井美智子(編集部)2008年10月07日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿はすべて目視チェック後に公開

 一方、ユーザーから投稿されたコメントはすべて、スタッフが目視で確認した上でサイト上に公開する。この日、コメント確認作業をしたのは6名。専用に開発したコメント監視ツールを使って、次々とコメントの掲載可否を判断していく。公序良俗に反するものや、チャットルームを荒らすようなコメントは掲載されない。

コメント監視 ユーザーの投稿コメントはすべて目視チェック後、公開される

 モバイルサイトの場合、ページの自動更新をすることができず、最新コメントを見るにはユーザーが自分でチャットルームのページを再読込する必要がある。そこでモバゲータウンでは、数字キーの「2」を押すことで再読込できるようにしていた。

投票画面 時間によって表示される投票画面。この投票を元に物まねのネタを決める。ユーザーの反応は山本さんもかなり気にしていた

 また、いくつか選択肢を用意して、ユーザーが投票できる仕組みも用意した。コメントを書き込む欄のところに投票機能を表示するもので、「織田裕二(ビストロSMAP編)」「浜田雅功(笑い方編)」「北斗の拳の雑魚キャラが死ぬときのまさかの一言」などの中から、物まねする内容をこの投票によって決めていた。

 1時間のユーザーとのチャットを終えた山本さんは、「初めてのケータイチャットで目が追いつかず、かなり疲れました。目薬1個じゃ足りないくらいです」と自身のギャグを交えてコメント。普段、携帯電話で使う機能はメールや通話が中心だといい、「勉強してまた戻ってきます。楽しかったです」と話していた。

 リアルタイムチャットは25日で最終回だったが、企画が好評だったことから、内容を見直した上で再び提供する考え。ただしスケジュールは未定とのことだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]