logo

MSが考えるコンピューティングの未来--披露された次世代技術

文:Dan Farber(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年09月30日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マサチューセッツ州ケンブリッジ発--Microsoftの最高研究戦略責任者(CRSO)であるCraig Mundie氏は米国時間9月25日、Microsoftやコンピューティングの世界の数十年後についての長期的な展望を語った。当地で開催されたマサチューセッツ工科大学(MIT)Emerging Technology Conferenceで講演したMundie氏は、クライアントとクラウドサービスを組み合わせ、バーチャルプレゼンスで構成される3D仮想世界について述べた。

 同氏はこの構想を次世代の「spatial computing」と呼び、その数々の特性として、メニーコアプロセッサ、並列プログラミング、シームレスな連結と生産性の高さ、コンテキスト認識とモデルベース、パーソナライズされ、ヒューマニスティックで適応性があること、3Dの没入型であること、音声、画像、ジェスチャーを利用していることを挙げた。

Craig Mundie氏 次に来るのは何か。MicrosoftのCraig Mundie氏の答えはspatial computingだ。
提供:Dan Farber/CNET Networks

 Mundie氏はMicrosoft Researchの実例を挙げて、spatial computingのコンセプトを説明した。Microsoftは今後数カ月のうちに社内数カ所の建物で新しいバーチャル受付アシスタントをテストする計画だ。アバターの形をしたアシスタントは、1000万平方フィート(約92万9031平方メートル)に及ぶMicrosoft本社(ワシントン州レドモンド)のさまざまな場所に人々を運ぶシャトルの手配を支援する。

 このシステムには、多数のマイクロフォン、自然言語処理が組み込まれ、これらによりアバターは相手の発言を聞き、リアルタイムで応対する。このシステムは、服装によって人を区別するようにプログラムされている。たとえば、スーツを着た人は訪問者の可能性が高く、シャトルに乗る可能性は低いとされる。

受付アシスタントシステム Microsoftのプロトタイプの受付アシスタントシステム。
提供:Dan Farber/CNET Networks

 プロトタイプのシステムはリソース食いで、アイドル時でも8コアプロセッサの40%を消費する。Mundie氏は、このようなシステムは、ゆくゆくは地方の診療所で利用できる可能性があると述べた。

 「数千ドルで、ロボット対話が可能なアシスタントを配置できる。これにはさまざまな可能性があり、人々はアプリケーションを開発し、人とコンピュータとの対話方法を変えることができる」(Mundie氏)

 Mundie氏の別のデモでは、ライブウェブの未来を垣間見ることができた。同氏が演じたのは、ある店内で北西ネイティブアメリカンのアートを扱った雑誌の表紙をスマートフォンで撮影し、ホテルに戻って、「Microsoft Surface」テクノロジを搭載したテーブルにそのスマートフォンを置くというシナリオだった。すると、スマートフォンに保存された写真がテーブルに表示され、同氏はそれらをドラッグした。システムは画像を分析し、仮想ウェブ世界の次のステップとして、写真をどのように使うかを判断した。システムは雑誌のデジタル版を見つけ、Mundie氏は雑誌のページを閲覧しはじめた。同氏は、雑誌の美術品の画像から、その美術品が展示されている仮想世界のストアにたどり着いた。

-PR-企画特集