logo

パイオニア、Blu-ray Discレコーダーに参入--KURO LINKに対応

加納恵(編集部)2008年09月11日 21時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月11日、同社初のBlu-ray Discレコーダー「BDR-WD900」(WD900)、「BDR-WD700」(WD700)を10月上旬から発売する。HDD&Blu-ray Discのハイブリッドタイプとなる。価格はオープンだが、店頭想定売価はWD900が28万円前後、WD700が18万前後の見込みだ。

 WD900は1Tバイトの、WD700は500Gバイトのハードディスク(HDD)を搭載。両機はHDD容量以外、同じ仕様となっている。

 搭載チューナーは、地上、BS、110度CSデジタルチューナー×2基、地上アナログチューナー×1基を搭載したダブルチューナータイプで、2番組同時録画が可能。HDDに録画した番組は28分割してインデックス表示する「シーンビュー」機能を備え、録画、再生の両面から使い勝手の良さをサポートする。

 本体には、MPEG-4/H.264トランスコーダーを採用し、ハイビジョン画質のまま通常のハイビジョンモードの録画時間に比べ、約5倍の長時間録画ができる。WD900は最大で約450時間、WD700は約220時間のハイビジョン録画に対応する。

 パイオニア製のプラズマテレビ「KURO」シリーズとの組み合わせにより、テレビ側のリモコンで録画、再生、電源オンなどの操作ができる「KURO LINK」も装備。操作面だけでなく、レコーダー側の画質をKURO用にセッティングするなど、画質面での連携も可能だ。

 本体サイズは、高さ68mm×幅430mm×奥行き347mmのスリムタイプ。電源待機状態から約0.8秒で起動する「クイック起動」モデルとなる。

「BDR-WD900」(左)、「BDR-WD700」(右) 「BDR-WD900」(左)、「BDR-WD700」(右)

-PR-企画特集