logo

東芝DM社、業界初の記憶容量が240GBの1.8型HDDを9月下旬から量産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝デジタルメディアネットワーク社(東芝DM社)は9月10日、容量が240GBで1.8型の業界初となるHDD「MK2431GAH」と、80GBの「MK8031GAL」を9月下旬から量産すると発表した。同社では120GBのモデルは、すでに量産を始めている。

 1.8型HDDとして業界最大の面記録密度531.9Mbit/mm2を実現。「MK2431GAH」は、エネルギー消費効率を従来機種と比べて約33%向上させた。すべてのモデルでEU(欧州連合)のRoHS指令に合う、環境に配慮した設計を行った。

 サイズは「MK2431GAH」が幅54×高さ8×奥行き71mm。80、120GBのモデルは幅54×高さ5×奥行き71mm。重さは「MK2431GAH」が59g、80、120GBのモデルは48g。

東芝デジタルメディアネットワーク社=http://www.toshiba.co.jp/dm_jobs/

-PR-企画特集