logo

アップル、「Let's Rock」イベント開催--会場の様子をライブカバレッジ

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月10日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月9日、スペシャルイベント「Let's Rock」をサンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで開催した。ここではそのイベント状況を時間軸に沿ってお届けする。

9:53 a.m. PDT:開演前の様子。会場内には、60〜70年代のロックミュージックがかけられている。

イベント開始前の様子。
提供:James Martin/CNET Networks

10:00 a.m. PDT:Jobs氏登場。いつもどおりの服装だ。

10:01 a.m. PDT:今日のラインアップを紹介。

10:02 a.m. PDT:まずはiTunes。現在、850万曲以上の楽曲、12万5000のポットキャスト、3万のTV番組、2600の映画、3000のiPhoneとiPod touch向けアプリケーションをiTunesで手に入れることができる。iTunesのユーザーアカウント数は6500万に上るという。

10:03 a.m. PDT:音楽配信に関する数字を紹介するとともに、Jobs氏はiTunesはいくつかの新しいコンテンツが追加されると述べる。まずは、高精細(HD)テレビ番組。HD版のテレビ番組は2.99ドルで発売される。コンピュータとApple TVで視聴可能。

10:04 a.m. PDT:次にNBCがiTunesに戻ってくることを発表。NBCの番組もHDで手に入れることができる。

10:05 a.m. PDT:「iTunes 8」を発表。アクセスが向上したとJobs氏。ブラウズ用オプションやGeniusと呼ばれる機能が新たに追加された。

10:07 a.m. PDT:Geniusは、相性の良い楽曲同士をライブラリ内で連携させるための機能。iTunes 8のデモを開始。Geniusを披露する。Geniusボタンを特定の曲でクリックすると、iTunesがプレーリストを作成してくれる。デモでは、Bob Dylanの楽曲を選ぶと、同じような傾向のアーティストが選ばれることが示された。

10:09 a.m. PDT:このような機能が可能になっているのは、iTunes 8が楽曲データを中央サーバに送信しているため(Jobs氏は、匿名でということを約束)。データは他のユーザーからのデータと統合され、パターンの追跡に使われると思われる。結果は週に1度更新される。

iTunes 8の新機能であるGeniusの説明
提供:James Martin/CNET Networks

10:14 a.m. PDT:iTunes 8は無償で、本日から提供開始。

-PR-企画特集