タカラトミー、どこでも歌えるキューブ型カラオケ端末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タカラトミー(富山幹太郎社長)は9月2日、持ち運べるキューブ型カラオケ端末「Hi-kara(ハイカラ)」を、10月18日に発売すると発表した。カラーはホワイトとピンクの2色。価格は1万500円。

 付属のヘッドセットを接続し、2.4型液晶画面に表示する歌詞を見ながら歌う個人向けの小型カラオケ端末。ヘッドホンを通じて自分の声と伴奏を聴くことができ、伴奏は外に漏れない仕組み。ヘッドセットは2つまで接続可能。

 伴奏を収めた別売りのカートリッジを本体に差し込んで使用する。ラインアップは、J-POPやアニメソングなどジャンル別のヒット曲を選んだ「すぐうたカートリッジ」6種類と、毎週新曲を追加する専用サイトから好きな曲をPCからダウンロードできる「プリペイドカートリッジ」の2タイプ。ダウンロードには別売りのUSB対応専用機器が必要。

 カートリッジの価格は、10曲入りの「すぐうたカートリッジ」が各2100円、「プリペイドカートリッジ」は10曲タイプが2100円、20曲タイプが3675円。いずれもデータの上書きや消去はできない。

 このほか、本体をテレビやスピーカーにつなぐと伴奏が外部に流れるため、大勢で楽しめる。キーの上下、テンポ変更、エコー調節、採点機能も搭載する。本体サイズは幅7×高さ7×奥行き7cm、重さは約150g。電源はアルカリ単3乾電池4本で、連続使用時間は約4時間半。

タカラトミー=http://www.takaratomy.co.jp/
「Hi-kara」=http://www.takaratomy.co.jp/products/hi-kara/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加