logo

「IE8 Beta 2」で見つかった問題点--公開から一夜明け

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月29日 13時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Internet Explorer 8(IE8)」のBeta 2をリリースしてから1日が経過し、CNET Newsには同バージョンのインストールや、非対応サイトやサービスについて読者からの警告が寄せられている。ベータソフトウェアにはありがちなことだが、今回はMicrosoft自身のサービスにも問題が見つかっているようだ。

 Microsoftもこれらの問題の一部を認めている。米国時間8月27日付けのブログでは、IEの開発者たちが、Windows XP Service Pack 3(SP3)にIE8をインストールした場合、Service Packをアンインストールしない限り、ブラウザをIE7にダウングレードできないという問題について説明している。確かに、32ビット版か64ビット版かも含め、Windowsのバージョンにより、ブラウザのインストールや削除にはいくつかのステップを踏まなければならない。たとえばWindows Vistaを使用している場合、IE8 Beta 2を入れる前にSP1を適用する必要がある。

 IE8のBeta 2で明らかになった問題はサポート技術情報949787で確認できる。ここには「ClearType」や「Windows Live Mail」「Hotmail」における問題や、検索を利用したときに発生するさまざまな問題が報告されている。

 ユーザーから報告された問題のうち最も厄介なのが「Windows Live Meeting 2007」に関連するものだろう。CNET Newsでは、ウェブベース版とクライアントダウンロード版の双方とも、IE8 Beta 2に対応していないことを確認した。またIE8 Beta 2が備える互換性対応機能を使っても、この問題は解決できない。

 このほかにもユーザーからは、Netflixのオンラインストリーミングサービス「Watch Now」へのアクセス時に問題が発生するという報告が寄せられている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集