人の運動で充電可能な充電器が登場

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年08月26日 08時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子機器を人間の運動によって充電可能にすることを目指し、2007年に創設されたM2E Powerは、自社開発システムが実際に機能することを、改めて報告した。

 M2E Powerは2009年に、歩行運動を通じて、携帯電話やそのほかのGPSナビゲーションデバイスなどの小型ガジェットを充電可能な充電器を発売する予定である。

 この充電器は、累積6時間の運動により、携帯電話で30〜60分の通話時間に相当する充電を可能にするという。

 財布やバックパックの中に充電器を入れておくと充電できる仕組みであると、M2E Powerの事業開発部門のディレクターであるRegan Rowe氏は説明している。フル充電の状態だと、M2E Powerの充電器は、コンセントからの充電と同じスピードで、携帯電話を充電できる性能を備えている。

 充電器は内部には、リチウムイオン電池と、一連のコイルや磁石がある。運動によって充電器はが振動すると、電気を発生させるために、電磁界がコイルの周囲に形成される仕組みになっている。

提供:M2E Power

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加