logo

グーグルにまた特許侵害訴訟--「Google Base」などをめぐり

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子2008年08月19日 09時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェアメーカーのGraphOnが検索大手のGoogleに対して訴訟を起こした。Googleのサービスである「Google Base」「Google AdWords」「Blogger」「Google Sites」、および「YouTube」がGraphOnの特許を侵害したとしている。

 カリフォルニア州サンタクルーズに本社のあるGraphOnは2005年、株式非公開のネットワークソフトウェア会社だったNetwork Engineering Softwareの買収を通じてこれらの特許を獲得した。訴状は、テキサス州東部地区連邦地方裁判所に提出された。

 Googleの広報担当者は、訴状をまだ受け取っておらずコメントできないと語った。

 GraphOnによると、Googleに対するこの訴訟では、AutoTrader.com、Classified Ventures、IAC/InterActiveCorp、Match、Yahoo、eHarmony、およびCareerBuilder.comに対するものと同様の主張を行っているという。

 問題にされている特許は米国特許番号6324538、6850940、7028034、および7269591で、ネットワークでアクセスできる自動化されたデータベースの管理手法に関係している。

 GraphOnは不特定の損害について、終局的差止命令による救済を求めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集