logo

バナー広告のクラウドソーシングサービス「C-TEAM」 --リクルートの研究機関から - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 C-TEAMの主なターゲットは、フリーで働いているクリエイターや、デザインやキャッチコピーの勉強をしているクリエイターの卵だ。よって単体のギャラはそこまで大きくはないが、余った時間で効率的に報奨を得たい、現場レベルのデザインで実践を積みたい、といったニーズにマッチしている。

 また、人気のバナーを作成するクリエイターのランキングを取っていて、質の高いバナーを安定して生み出す工夫も行っている。

 とは言え、今まで無かったタイプのサービスなだけに、今後どれだけのクリエイターが登録するのか、そしてどれだけのバナー案件が受注できるのかといった不確定要素も多い。

 安価で質の高いバナーを求める企業と、プロフェッショナルを目指すクリエイターをつなぐC-TEAMは、日本におけるクラウドソーシングサービスのパイオニアとなりうるだろうか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]