logo

KOUZIRO、液晶セットデスクトップPCに3機種10モデルを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KOUZIROは8月8日、液晶セットデスクトップPCの新ラインナップとして、ミドルタワーPC「CAシリーズ」2モデルと、マイクロタワーPC「CXシリーズ」4モデル、スリムタワーPC「ASシリーズ」4モデルの、3機種10モデルを発表した。各モデルともに液晶をセットにすることで、通常価格よりも1万500円ほど買い得感のある価格設定とし、同社のウェブサイトをはじめ全国通信販売窓口にて販売する。なお、OSやハードディスク(HDD)、メモリなどのBTOカスタマイズにも対応する。

 ミドルタワーPCのCAシリーズは、高速ビデオカードを搭載可能とし、拡張性の最も高いミドルタワーシリーズ。今回のラインナップでは、OSにWindows Vista Home Premium with SP1を搭載した「FRCA7101/22WA」と、Windows XP Home Edition SP2を搭載した同仕様の「KZCA7101/22WA」の2モデルを発売する。

 CPUはインテル Core 2 Quad Q9300(2.5GHz)とし、HDDは500Gバイト、メモリ4Gバイト、DVDハイパーマルチドライブ、ビデオカードにNVIDIA GeForce 9600GT(512Mバイト)を搭載した。22インチ光沢ワイド液晶(WSXGA+)をセットとし、基本構成価格はいずれも14万9800円となる。

 マイクロタワーPCのCXシリーズは、コンパクト&ハイパワーを実現し、最新のデュアルコアCPUに対応したマイクロタワーシリーズ。20.1インチ光沢ワイド液晶(WSXGA+)がセットとなる。下位モデルとなる「FRCX3101/20WA」(Windows Vista Home Premium with SP1搭載モデル)と「KZCX3101/20WA」(Windows XP Home Edition SP2搭載モデル)、上位モデルとなる「FRCX5101/20WA」(Windows Vista Home Premium with SP1搭載モデル)と「KZCX5101/20WA」(Windows XP Home Edition SP2搭載モデル)の4モデルを発売する。

 FRCX3101/20WAおよびKZCX3101/20WAは、CPUにインテル Celeron Dual-Core E1200(1.6GHz)を採用し、HDDは320Gバイト、メモリ2Gバイト、DVDハイパーマルチドライブを搭載した。基本構成価格はいずれも7万9800円となる。

 FRCX5101/20WAおよびKZCX5101/20WAは、CPUにインテル Core 2 Duo E8300(2.83GHz)を採用し、HDDは500Gバイト、メモリ2Gバイト、DVDハイパーマルチドライブ、ビデオカードにNVIDIA GeForce 8400GS(256Mバイト)を搭載した。基本構成価格はいずれも10万4800円。

 スリムタワーPCのASシリーズは、省スペースでコストパフォーマンスの高いスリムタワーモデル。CXシリーズ同様に20.1インチ光沢ワイド液晶(WSXGA+)をセットにし、下位モデルとなる「FRAS3101/20WA」(Windows Vista Home Premium with SP1搭載モデル)と「KZAS3101/20WA」(Windows XP Home Edition SP2搭載モデル)、上位モデルとなる「FRAS5101/20WA」(Windows Vista Home Premium with SP1搭載モデル)と「KZAS5101/20WA」(Windows XP Home Edition SP2搭載モデル)の4モデルを発売する。

 FRAS3101/20WAおよびKZAS3101/20WAは、CPUにインテル Celeron Dual-Core E1200(1.6GHz)を採用し、HDDは320Gバイト、メモリ2Gバイト、DVDハイパーマルチドライブを搭載した。基本構成価格はいずれも7万9800円。

 FRAS5101/20WAおよびKZAS5101/20WAは、CPUにインテル Core 2 Duo E8300(2.83GHz)を採用し、HDDは500Gバイト、メモリ2Gバイト、DVDハイパーマルチドライブ、ビデオカードにNVIDIA GeForce 8400GS(256Mバイト)を搭載した。基本構成価格は9万9800円となる。

スリムタワーPC「ASシリーズ」 スリムタワーPC「ASシリーズ」

-PR-企画特集