logo

グーグル、無償楽曲の検索サービスを中国で開始

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月07日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月6日、中国で楽曲の検索サービスを無償で提供開始したことを発表した。このサービスは、ライセンス付き楽曲の無償ダウンロードへのアクセスを可能にする。

 Googleによると、同サービスを利用することで、中国語の楽曲を歌手名や楽曲名で検索し、提携している中国の音楽サイトTop100.cnからダウンロードできるようになるという。Top100.cnは、NBAのスタープレーヤーYao Ming氏から資金を得ている。

 同サービスは売り上げを広告から得ており、その収入は音楽会社やTop100.cnと分配するとGoogleは述べる。

 同サービスは、著作権侵害の温床として知られている中国において、楽曲から合法的に利益を得るための手段と説明されている。アナリストの見積もりでは、中国のインターネットユーザの90%以上が検索エンジン経由で非合法な楽曲を毎日ダウンロードしているという。

 中国外からは同サービスにアクセスはできない、とGoogleでは述べている。

 同サービスはBaidu.comに対して難題となる可能性がある。Baidu.comは、中国インターネット検索ビジネスを市場シェア64%で支配している。一方、Googleのシェアは26%である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集