読売新聞、「発言小町」デスクトップツール公開

鳴海淳義(編集部)2008年08月06日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読売新聞東京本社は8月6日、ニュースサイト「ヨミウリ・オンライン(YOL)」の掲示板サイト「発言小町」のデスクトップツール、ブログパーツ、スクリーンセーバーを公開した。

 デスクトップツールとブログパーツは、新着トピックスや人気のトピックスを表示する。新しいトピックスを投稿したり、大手小町内の占いコンテンツを開いたりできるボタン、発言小町検索窓も備えている。

発言小町 発言小町のデスクトップツール。デザインは大手小町のキャラクター「くらげっと」と読売新聞のキャラクター「だっち君」の2パターンから選べる。

 今後はiGoogle、Google デスクトップ、Windows Live、Windows Vista サイドバーガジェットにも対応していく予定だ。

 発言小町は、利用者の約8割を20歳代後半から40歳代の女性が占める掲示板サイト。「男女」「子供」「健康」など10ジャンルの話題を扱うが、なかには「男性発」というジャンルもあり、最近は男性からの書き込みも増えているという。

 今回のツール提供は発言小町を含む女性向けコーナー「大手小町」が月間1億ページビューを突破したことを記念したもの。大手小町は1999年にサービスを開始し、2008年5月に月間閲覧数が1億216万ページビューを記録した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加