logo

「WANTEDオークションなら海賊版も出品できた」--著作権侵害DVDを販売した男性が逮捕

永井美智子(編集部) 吉澤亨史2008年08月06日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は8月1日、インターネットオークションサイト「WANTEDオークション」を悪用して海賊版アニメDVDソフトを販売していた男性が、著作権法違反の疑いで逮捕されたことを明らかにした。

 権利者に無断で複製したアニメDVDをWANTEDオークションで販売していた兵庫県加古川市の会社員男性(37歳)を、北海道警生活経済課と札幌方面北署が7月31日、著作権法違反の疑いで逮捕し、8月1日に札幌地検に送致した。

 男性は、2007年11月頃から2008年4月頃まで前後4回にわたって、東映が著作権を持つ「DRAGON BALL劇場版 DVD-BOX DRAGON BOX THE MOVIES」、東映アニメーションが著作権を持つ「TVシリーズ用アニメーション映画『ドラゴンボールGT』」、サンライズが著作権を持つ「機動戦士ガンダムZZ」をそれぞれ権利者に無断で複製し、DVD-R4枚を札幌市の男性など3人に対して販売していた。

 男性は容疑を認めているといい、「かつて、ヤフーオークションや楽天でも海賊版を出品したが、すぐに出品を取り消され、IDも削除された。IDの再取得も試みたが本人確認の審査が厳しく断念した。WANTEDオークションは、本人確認もなく容易に登録ができ、海賊版を出品していても削除されなかったため、WANTEDオークションで海賊版を販売することになった」と供述しているという。

 WANTEDオークションはソフト開発会社のWINが運営しているオークションサイト。WINは出会い系サイト「WANTEDであい」なども運営している。

-PR-企画特集