logo

インテル、「Classmate PC」の次世代モデルを開発中

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年07月31日 07時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、低価格ノートパソコン「Classmate PC」の次期バージョンの開発を進めており、8月頃には正式発表する可能性が高まっていると、PC Worldは伝えた

 学校に通う子供向けに開発されたClassmate PCの次世代モデルに関して、まだ写真は1枚もなく、どのような変更が加えられるのかの具体的な情報も、ほとんど入手できていない。Intelは、ただ「新しいルック&フィール」を搭載し、ハードウェアおよびソフトウェアの両面で、アップグレードがなされると述べるにとどまっている。

 とはいえ、われわれはソフトウェアに加えられる変更については、ある手がかりを入手できているだろう。6月に、対抗して低価格ノートパソコンの開発を進めているOne Laptop Per Child(OLPC)から分離独立したSugar Labsは、Classmate PC向けのユーザーインターフェース「Sugar」を開発する方針を明らかにした。

 Classmate PCの現在出荷されているバージョンには、Linuxが搭載されており、1.6GHzのAtomプロセッサと1Gバイトのメモリというスペックへとアップグレードされたところである。

 当初は開発途上国における教育アプリケーションの提供目的で開発が進められたものの、Intelは2008年初頭から、欧米の小売店でもClassmate PCの販売を開始している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集