ケータイの利用実態調査--迷惑メール専用フォルダを用意しているユーザーは20%

Webマーケティングガイド2008年07月30日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、携帯電話の利用実態についての調査を行った。

≪調査結果サマリー≫

  • 60%以上のユーザーが「左ボタン」で1つ前のページに戻る。
  • 男性は「戻る」、女性は「左」を利用して前のページに戻る傾向が強い。
  • 携帯電話メールのフォルダ分けを行っているユーザーは約72%。
  • その内、20%弱のユーザーが「迷惑メールフォルダ」を用意している。

 調査対象者は15歳〜49歳のモバイルユーザー345人。男女別の均等割付を行い、キャリア比は、Docomo:53.9%、EZweb:36.5% 、Softbank:9.6%。

 Q1では、携帯電話で1つ前のページに戻る際、「戻る(ブラウザ上の戻る)」と「左(十字キー)」のどちらを利用するか尋ねた。 その結果、「左(十字キー)」と回答したユーザーの方が多く、半数を上回る62.9%となった。「戻る」と回答したユーザーは22.6%、そして「特に決まっていない」が14.5%となった。

1つ前のページに戻る際、「戻る(ブラウザ上の戻る)」と「左(十字キー)」のどちらを利用しますか。

 また、この結果を男女別に比較すると、男性は「戻る」を使う割合が8ポイント高く、逆に女性は「左」と回答した割合が10.2ポイント高いことがわかった。最近ではPCだけでなく、モバイルサイト上でも解析ツールを使った分析が一般的となってきているが、解析ツールやキャリアの種類、そしてそのサイトの設計によってはユーザーがブラウザ上の戻るではなく「左」や「Clear/Back」などを押して1つ前のページに戻った場合、ページの再読み込みが行われない為、ユーザーの遷移履歴を終えないというケースも起こりうる。

 今回の調査では、ブラウザ上の戻るではなく「左」を使うユーザーが圧倒的に多いことがわかっており、サイト制作や解析ツールの導入を考える際は、この点を考慮する必要があるかもしれない。

男女別データ

 Q2では、メールのフォルダ分け機能を使っているかどうかを尋ねた。その結果、72.2%(「フォルダ分けをしていない」以外)のユーザーはメールのフォルダ分けを行っていることがわかった。また、そのフォルダ数については、「5フォルダ以上」と回答したユーザーが44.6%と最も多く、次いで「3フォルダ」の9.9%、そして「4フォルダ」の8.7%が続く結果となった。

フォルダ分けを行っていますか。またフォルダの数はいくつありますか。

 Q1同様、この結果を男女別に分析すると、フォルダ分けの利用率は男性で73.4%、女性で70.9%となり、若干ではあるが男性の方が利用率が高いことがわかった。

男女別データ

 Q3では、Q2でフォルダ分けを行っていると回答した249人に対して、具体的にはどのような人からのメールをフォルダに分けているかを尋ねた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加