logo

iPhoneの「Mail」と「Safari」にフィッシング攻撃の脆弱性

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦2008年07月24日 09時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ研究者のAviv Raff氏は米国時間7月23日、「iPhone」版の「Mail」と「Safari」にはURL偽装(スプーフィング)の脆弱性があり、第三者がこれを利用してiPhoneユーザーにフィッシング攻撃を仕掛けることが可能だと報告した。

 この脆弱性は、以前から警告されていたものだ。Raff氏をはじめとする数名のセキュリティ研究者は、iPhoneが7月11日に発売される前からiPhoneの脆弱性を発見したことを示唆していたが、「iPhone 2.0」の最終版リリースまで様子を見るつもりだと述べていた。

 Raff氏によれば、偽装用のURLを作成することで、攻撃者はMail上で信頼できるサイト(金融機関やソーシャルネットワークのサイトなど)から送られてきたように見えるリンクが作れるという。ユーザーがこのリンクをクリックすると、Safariはこのフィッシングサイトを開いてしまう。この問題に影響を受けるのは、iPhone 1.1.4および2.0のユーザーだ。

 Raff氏はAppleに対してすでにこの脆弱性を通知しているが、パッチが提供されるまでは詳細を公表しないと、自身のブログの中で記している。

 対策パッチがリリースされるまで、iPhoneユーザーは「信頼できるウェブサイト(銀行、PayPal、ソーシャルネットワークなど)だとするリンクがMailで開いたメールに書かれていても、そのリンクをクリックせずに、SafariでウェブサイトのURLを直接入力してほしい」とRaff氏は警告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集