シマンテック、ノートン2009の日本語パブリックベータ版を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは7月18日、「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」および「ノートン・アンチウイルス 2009」の日本語パブリックベータ版を公開した。9月24日までシマンテックのベータセンターからダウンロードすることが可能。なお、ベータ版のためサポートはない。

 ノートン2009シリーズは、マシンの性能にまったく影響を与えない「ゼロインパクト」を目標として設計されているとのことで、前バージョンからの改良箇所は300カ所以上。ベータ版では、「保護機能の更新としては業界最速」(シマンテック)という1分間でのインストールが可能。また、世界の主なコンシューマーセキュリティソフトウェアと比べてメモリ使用率が半分未満とのことだ。

 コンピュータの上級者やゲームユーザー向けの機能として、アラートや更新通知を自動的に保留し、ゲームや映画再生を中断しない「サイレントモード」を新たに搭載。また、検出結果や性能の状況を追跡できるようユーザーインターフェースを一新した。

 また、増加しつつあるウェブベースの攻撃に対応するブラウザ保護機能、侵入防止システム(IPS)、アンチルートキット、アンチウイルス、アンチスパイウェア技術を採用した。

 このほか、オンラインでのショッピングやバンキングなどの際にユーザーの個人情報を保護する「ノートンIDセーフ」(ノートン・インターネットセキュリティ 2009のみ搭載)、ホームネットワーク上のデバイスの管理やチェックが簡単にできる「ホームネットワーキング」、パソコンの制御を奪われる前にボットを阻止する「ボット対策」などの機能も搭載している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加