logo

Blinkxの「Red Label」、動画検索インターフェースを開放

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月18日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットにホストされている動画を検索できるテクノロジを提供しているBlinkxは、他のウェブサイトが同社の検索を組み込み、利益を共有できるようにしようとしている。

 Blinkxの最高経営責任者(CEO)で創業者のSuranga Chandratillake氏は、「Red Label」という名前のプログラムで同社のAPIを開放し、他のサイトが動画検索クエリをBlinkxに渡し、その検索結果を表示できるようにすると述べている。

 「1日の検索件数が1万件よりも少ない場合は無料で、1万件を超える場合は、利益化してBlinkxと利益を共有するよう求める」とChandratillake氏は語っている。サイトは、Blinkxの広告を掲載し、利益を半分に分割できる。すでに利益化しているサイトは、Blinkxと一緒に利益分配計画を作成する必要がある、とChandratillake氏は付け加えた。

 Chandratillake氏は、Blinkxはすでに、Ask.com、Lycosなど、複数のサイトと検索契約を締結しており、Red Labelプロジェクトにより、今後はもっと提携しやすくなると述べ、Blinkxは、MSN UKRambler MediaとこのAPIを使用する新契約を締結していると付け加えた。

 Blinkxでは、動画に付随するタイトル、タグ、説明などのテキストメタデータを検索するだけでなく、音声認識使い音声をテキストに変換し、視覚認識で動画内のテキストや有名人の顔を認識して、動画を検索している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集