logo

過去に猛威をふるったBSIウイルスの問合せが増加--キヤノンIT月例レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンITソリューションズは7月10日、「マルウェアランキング 2008年6月」を公開した。このランキングは、スロバキアのソフト会社であるESETが開発したマルウェア追跡システム「ThreatSense.Net」を使って計測したもの。

 2008年6月は、前月に引き続きマルウェアの「Win32/PSW.OnLineGames」が第1位という結果になった。このマルウェアは、検出された脅威全体のうち13.1%を占めている。

 2位には、「Win32/Adware.Virtumonde」(4.9%)が入った。これは、ユーザーにとって好ましくない動作をする可能性のあるアプリケーション(PUA)のうち、対象のPCに広告を配信するために使用されるもの。3位はPCの攻撃手段としてautorun.infファイルを使用する「INF/Autorun」(4.6%)となった。

 4位は、特定の難読化手法を用いる「Win32/Pacex.Gen」(約2.6%)、5位はメディアブラウザを悪意のあるURLにリダイレクトし、アドウェアなどの悪質な追加コンポーネントをダウンロードする「WMA/TrojanDownloader.Wimad.N」(約2.3%)となっている。

 また、6月に入ってブートセクタ感染型(BSI)ウイルス「Stoned.Angelina」の感染についての問い合わせが同社に寄せられていること、2007年にこのウイルスに感染したMedionのノートPCが大量に出荷された事件が起きたことから注意を呼びかけている。

-PR-企画特集