1枚に400Gバイト--パイオニア、16層の光ディスク技術を開発

加納恵(編集部)2008年07月07日 15時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは7月7日、400Gバイトの大容量を持つ再生専用光ディスクの開発に成功したと発表した。DVDやBlu-ray Disc同様の12cmディスクで厚さも同様に1.2mmとなる。16層にまで積層できることが最大の特徴で、1層分の記録容量はBlu-ray Discと同様の25Gバイトだ。

 多層ディスクには、再生していない記録層から不要な信号の影響を得ることや、各記録層の再生信号が微弱であるなどのデメリットがあったという。今回パイオニアが開発した16層光ディスクは、DVDの製造技術を活用し、他の記録層から発生するノイズを低減する構造を開発。各記録層から高品位な再生信号を得ることができるようになったとのことだ。

 NA(Numerical Aperture=レンズ開口数)は、Blu-ray Disc規格と同一のため、互換性をとることも可能。また、今回は再生ディスクのみの開発発表となったが、同社では、記録型ディスクへの応用もできるとしている。

16層光ディスク 16層光ディスク
各層からの再生信号 各層からの再生信号。左から1層目、9層目、16層目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加