logo

MacからWindows Vistaを操作可能に--Mac BU、Remote Desktop Connectionを公開

坂本純子(編集部)2008年07月02日 22時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフト マッキントッシュ ビジネス ユニット(Mac BU)は7月2日、MacからWindowsにリモート接続できるプログラム、Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2最終製品版(RDC 2)の提供を開始した。ウェブサイトMactopia Japanからダウンロードできる。

 対応OSは、Mac OS X 10.4.9以降。インテルCPUまたは500MHz以上のPowerPC G4、G5搭載のMacintoshが対象だ。

 RDC 2を利用することにより、MacからWindowsに接続し、そのコンピュータ上のプログラムやファイル操作が可能になる。今回のバージョンではWindows Vistaに対応。複数のWindows PCに接続し、同時に利用できるようになった。

 また、Windows の半角/全角キーをMacのコマンド+スペースキーで動作させるなど、Windows セッションで使うキーにMacキーボードのショートカットキーが割り当てられる。より使いやすさを重視したアップデートになっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]