グリッドマーク、NECを割当先とした4000万円の第三者割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリッドマークは6月27日、NECとの資本提携に同意した。このたびの資本提携により、NECは、グリッドマークの発行済株式総数の約1.2%に当たる普通株式320株を、第三者割当増資により4000万円で取得。グリッドマークとNECは、グリッドマークが開発した見えないドットコード「GridOnput(グリッドオンプット)」を利用した新ビジネスを推進する。

 グリッドオンプットとは、極小のドット(点)から構成されたドットコード技術のこと。2mm角の範囲にコード情報や座標情報を埋め込み、約300兆のコードを発行することができる。

 グリッドオンプット技術により、ほとんど目に見えない状態で、写真やイラスト、文字などのグラフィック上に、重ねて印刷することが可能。紙などのアナログメディアと、ウェブなどのデジタルメディアを、ダイレクトにつなぐインターフェース技術として、ID認証やセキュリティなどの分野で活用されている。

 グリッドマークでは、NECとの提携により、携帯電話のみならず、業務用機器から家電製品まで、幅広い分野でのグリッドオンプット技術普及に取り組むとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加