Sleipnir、海外へ--フェンリルがグローバルサイトを開設

永井美智子(編集部)2008年06月11日 19時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タブブラウザ「Sleipnir」の海外進出に向け、開発元のフェンリルが動き出した。グローバルサイトを開設するとともに、英語圏の各地域にローカライズしたバージョンを公開した。

 これまでもSleipnirの英語版はあったが、検索エンジンリストやメニュー項目が日本語版とほぼ同じものだった。今回、検索エンジンリストやメニュー項目を各地域に合わせたほか、それぞれに合わせたウェブコンテンツを用意した。

 対応地域はオーストラリア、カナダ、香港、アイルランド、インド、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、南アフリカ、イギリス、米国。

 今後は段階的に多言語化をすることで、英語圏以外にも展開し、海外のブラウザ市場でシェア拡大を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加