logo

ヤフーの「ワンセグウィジェット」、テレビ視聴に検索やIMなど連携

鳴海淳義(編集部)2008年06月10日 15時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは6月10日、デスクトップ上で動作するミニアプリケーションを公開するサービス「Yahoo!ウィジェット」で、新たに「ワンセグウィジェット」を提供開始した。

 また、「Yahoo!ウィジェットエンジン」の新バージョンも公開された。HTMLのレンダリング機能やFlashのサポート、セキュリティ機能の強化などが主な改善点となっている。

 ワンセグウィジェットは、ワンセグチューナーで視聴中の番組と、ヤフーの提供するサービスを連携させるサービス。ヤフーの「ウェブ検索」「知恵袋検索」「画像検索」「地図検索」の結果をウィジェット上にリアルタイムで表示し、ワンセグ放送を視聴しながらインターネット上の番組関連情報を入手することができる。

 主な機能は以下の通り。

  • ウェブ検索
    番組に関連するキーワードのウェブ検索を自動的に行い、検索結果ページを表示する。
  • 知恵袋検索
    番組に関連するキーワードで投稿された質問を「Yahoo!知恵袋」で自動的に検索し、検索結果ページを表示する。
  • 画像検索
    番組に関連するワードを自動的に画像検索し、画像情報を表示する。
  • 地図検索
    番組に関連する地名を自動的に検索し、地図や航空写真など地図情報を表示する。
  • チャット連携
    Yahoo!メッセンジャー(バージョン9.0 ベータ)のチャット機能を呼び出し、同じ番組を視聴している人たちとコミュニケーションをとれる。例えば、同じスポーツの実況中継を見ている人とチャットするといった利用が可能だ。

 ワンセグウィジェットを利用するには、対応したワンセグチューナーが必要。アイ・オー・データ機器の「GV-SC300」、「GV-SC300/SDM」、バッファローの「DH-KONE」シリーズ(「PCastTV for ワンセグ」Ver2.18以降)、「DH-ONE」シリーズ(「PCastTV for ワンセグ」Ver1.17以降)、ピクセラの「PIX-ST061-PU0」(CaptyTV Mobile)、「PIX-ST050-PU0」などが対応している。OSは、Windows Vista(32ビット版)/Windows XPに対応しており、Macintoshには対応していない。

-PR-企画特集