logo

松下、ズームマイクを搭載したICレコーダー「RR-QR280」

エースラッシュ2008年06月05日 20時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は6月5日、ICレコーダー「RR-QR280」を6月20日より発売すると発表した。

 RR-QR280は、従来製品「RR-US470」にも採用された「ズームマイク」機能を踏襲したモノラルICレコーダーだ。2つの内蔵マイクで集音し、位相合成回路で処理することにより、前方向からの音を強調し周囲の音を抑えて録音が可能となる。外付けマイクを接続する必要がないほか、本体側面のスイッチで簡単にズーム機能のオン、オフを切り替えられる。

 メモリ容量は256Mバイトで、録音時間はHQモードが約39時間、FQモードが約78時間10分、SPモードが約167時間40分。

 本体には270mWの大出力再生が可能な直径20mmスピーカーを内蔵したほか、自然な音程で再生速度を変えられる5段階スピードコントロール機能、聞きたい場所やファイルに素早くアクセスできる「クルッとサーチ」などの再生機能を装備。また、誤消去を防ぐ誤消去防止ファイルロック機能や重要な録音をパスワードで守る「クルッとセキュリティ」といった安心設計も施された。

 電源は単4形アルカリ乾電池×2本で、省電力化により約30時間の連続録音が可能。サイズは高さ105.5mm×幅39.3mm×奥行き17.2mmで、乾電池込みの重量は約61g。価格はオープンだが、店頭想定売価は8000円前後になる見込み。

ICレコーダー「RR-QR280」 ICレコーダー「RR-QR280」

-PR-企画特集