logo

フルハイビジョン「Xacti」第2弾--高速度撮影のスローモーションムービー機能を搭載

加納恵(編集部)2008年06月05日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は6月5日、デジタルムービーカメラに、フルハイビジョン撮影が行える「Xacti DMX-HD1010」を発表した。発売は6月20日より。価格はオープンだが、店頭想定売価は12万円前後の見込みだ。

 新Xactiは高さ112.6mm、重量268gと現行機「DMX-HD1000」を踏襲した外観で、ダークシルバーとブラックの2色展開となる。

 撮像素子は1/2.5型約400万画素CMOSセンサと現行機同様だが、ビットレートを12Mbpsから14Mbpsへと引き上げ映像情報量をアップさせたほか、映像圧縮コーデックアルゴリズムの見直しなどにより、解像感と色再現性を向上させた。

 大きな変更点としては、付属ソフト「Nero 8 Essentials for Sanyo」を採用していること。フルハイビジョンムービーの再生、編集ができるのはもちろん、DVD、Blu-ray、AVCHDへの書き出しにも対応しており、撮影映像をディスクメディアに書き出せばBlu-rayプレーヤーなどでの再生が可能になった。

 撮影モードにはパソコンでのデータ取り扱いが容易な1920×1080 30fpsのFull-SHQモードを備えたほか、独自の高速度撮影機能を新搭載。従来の60枚/秒から300枚/秒の高速撮影をすることで、再生映像がスローになる「スローモーションムービー」効果が得られ、映画のワンシーンのような演出が行える。

 撮影データの保存には、保存先のハードディスク(HDD)内でも撮影した日付別に管理できる「日付別振り分け機能」も新たに搭載し、利便性を高めたという。

 写真機能では、800万画素相当の撮影が行えるほか、ワイドダイナミックレンジモードの採用やISO3200の高感度撮影など、専用機並みの内容となっている。

Xacti DMX-HD1010 三洋電機「Xacti DMX-HD1010」

-PR-企画特集