USEN、ドコモのWMV対応端末向けにWMV形式の映像配信、業界初の試み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 USEN(宇野康秀社長)は6月2日、携帯電話向け映像配信サービス「モバイルGyaO」で、NTTドコモ(中村維夫社長)のWMV(ウィンドウズメディアビデオ)対応端末向けに、業界初となるWMV形式での映像配信を開始した。

 「モバイルGyaO」では、これまでNTTドコモの「iモーション」や視聴用「iアプリ」を使用して映像を配信してきたが、今回の対応によってユーザーが自由に視聴形式を選択できるようになる。WMV形式を採用すると、長尺の高品質な映像・音声の配信が可能なほか、臨場感のある美しい映像をストレスなく楽しめる。

 まずは、ドラマ、アニメ、映画のほか、音楽、スポーツ、ドキュメンタリーなどの映像約400本の配信からスタート。アニメは、バンダイチャンネル(松本悟社長)が提供する「機動戦士ガンダム00」「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」などを配信するほか、順次タイトルを追加する。

USEN=http://www.usen.co.jp/
NTTドコモ=http://www.nttdocomo.co.jp/
バンダイチャンネル=http://www.b-ch.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加