日本サムスンから新液晶モニタ--ダイナミックコントラスト比2万対1を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サムスンは6月3日、ダイナミックコントラスト比2万対1を実現した液晶モニタ「SyncMaster」の新シリーズ4機種を、6月上旬より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、20型ワイド液晶の「SyncMaster T200G」、22型ワイド液晶の「SyncMaster T220G」、24型ワイド液晶の「SyncMaster T240」、25.5型ワイド液晶の「SyncMaster T260」の全4機種。全機種ともにダイナミックコントラスト比2万対1を実現し、映像の暗部から明部に至るまでのカラーステップ数を大幅に増やした。

 SyncMaster T200GおよびT220Gは、解像度1680×1050ドットのWSXGA+パネルを採用したスタンダードモデル。2msという応答速度をいかし、ゲームやDVD視聴など動きの早い映像再現に優れる。パネルにはグレアタイプを採用し、光沢感あるデザインも特徴的だ。

 一方、SyncMaster T240およびT260は、解像度1920×1200ドットのWUXGAパネルを搭載したフルハイビジョンタイプ。アスペクト比固定表示も行えるため、解像感を損なわない映像表示が可能だ。入力端子は、ミニD-Sub15ピン、DVI-Dに加えHDMIまでを備える。

 本体カラーはローズブラックのみ。クリスタルフレームを採用したほか、OSD操作部をサイドに配置するなど、デザイン性も重視したとのことだ。

  • SyncMaster T200G(20型ワイド 店頭想定売価:4万円前後)
  • SyncMaster T220G(22型ワイド 店頭想定売価:4万5000円前後)
  • SyncMaster T240(24型ワイド 店頭想定売価:6万円前後)
  • SyncMaster T260(26型ワイド 店頭想定売価:7万円前後)
日本サムスン「SyncMaster」 日本サムスン「SyncMaster」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加