logo

モトローラ「RAZR」に脆弱性--不正コードを実行される恐れ

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月28日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaの携帯電話「RAZR」を使っている人は、見知らぬ人から JPEGを受け取らないようにする必要がある。

 RAZRに存在する脆弱性を悪用すると、不正なJPEG画像をMMSサービス経由で送付することで、悪意あるコードの実行が可能となる。ただし、そのためには、ユーザーが画像のダウンロードを承認する必要がある。

 脆弱性は、ExifパーサのJPEGサムプリントコンポーネントに存在すると、セキュリティ会社TippingPointのZero Day Initiativeが米国時間5月27日に勧告で述べた。

 「この脆弱性が発生している可能性は非常に低い」が、Motorolaでは、新しいRAZRすべてにおいて脆弱性を修正するとともに、古い機種を使っている場合は、最新ソフトウェアをMotorolaのサイトからダウンロードするよう求めている、と勧告では述べている。

 この脆弱性はMotorolaに対し、2007年6月に報告されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集