logo

フォトレポート:火星周回衛星がとらえたNASA探査機Phoenixの着陸の様子

CNET News.com Staff2008年05月28日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは米国時間5月25日、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。NASAが火星への着陸に成功したのは今回が6回目となる。そして、写真で機体をとらえたのは初めてのことである。
 NASAの火星周回衛星Mars Reconnaissance Orbiterは、Phoenixがパラシュートで火星へ降下していく様子をとらえた。
Scroll Right Scroll Left

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは米国時間5月25日、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。NASAが火星への着陸に成功したのは今回が6回目となる。そして、写真で機体をとらえたのは初めてのことである。

 NASAの火星周回衛星Mars Reconnaissance Orbiterは、Phoenixがパラシュートで火星へ降下していく様子をとらえた。

提供:NASA/JPL/University of Arizona

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機Phoenixは米国時間5月25日、火星の北極圏に無事着陸し、地上の画像を地球へと送信した。NASAが火星への着陸に成功したのは今回が6回目となる。そして、写真で機体をとらえたのは初めてのことである。
 NASAの火星周回衛星Mars Reconnaissance Orbiterは、Phoenixがパラシュートで火星へ降下していく様子をとらえた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]