角川、優れた動画投稿者に映画券を贈呈--YouTubeをキャンペーンに活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川デジックスは、動画共有サイト「YouTube」と連携したキャンペーン「ウォーカープラス」を6月10日から8月31日まで展開する。YouTubeのほか、YouTube内ウォーカーチャンネル、「東京ウォーカー」など全国7エリアのウォーカー誌、「バーチャルウォーカー」など角川グループ各雑誌とも連携する。

 角川グループはYouTube内で、2月に「角川アニメチャンネル」、3月に「角川ウォーカーチャンネル」をそれぞれ開設している。6月1日より現在の「ウォーカーチャンネル」をリニューアルし、全国7エリアに対応する公式チャンネルを新たに展開する考え。

 ウォーカーチャンネルでは、8月末までの3カ月間にグルメを中心としたスポット情報や街のニュースを中心としたイベント情報などの動画を公開する。これに合わせ、ユーザーに「街のオモシロ動画部門」「おすすめグルメいただきます動画部門」など10種類の部門へ動画投稿を呼びかける。

 投稿された動画のうち、内容照会を経て一定回数以上閲覧された動画に対し、角川映画の特別劇場鑑賞券「ドリームチケット」を最大1万枚プレゼントする。また、優良なユーザーコンテンツには、さらなるインセンティブを提供することも検討しているという。

 キャンペーン期間中の動画投稿目標数は1万件としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加