沖縄アイスクリーム店とウィルコムが手を組んだ--HONEY BEEに新色登場

永井美智子(編集部)2008年05月26日 18時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムが、沖縄に本社を置くフォーモスト ブルーシールの人気アイスクリーム店「ブルーシールアイスクリーム」と手を組んだ。京セラ製の人気端末「HONEY BEE」にアイスクリームをイメージしたコラボレーションカラー3種を投入。パッケージにもこだわっている。

 新色はS.Fチョコミント、クッキー&クリーム、ミルクチョコチップの3色。いずれも7月下旬に発売予定だ。

HONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル> HONEY BEE<ブルーシールアイスクリームモデル>。左からS.Fチョコミント、クッキー&クリーム、ミルクチョコチップ

 ウィルコムによれば、HONEY BEEは2月の発売以来、20代前後の若者を中心に人気を集めており、一部では品薄状態になっているという。通常は契約者数が減る5月になっても人気が衰えないといい、契約者に対するアンケートでは購入者の98.5%がデザインに満足しているとのことだ。

個装箱 個装箱はアイスクリームパッケージがモチーフ

 今回のコラボレーションモデルでは、実際のアイスクリームパッケージをモチーフにした外観のオリジナル個装箱を採用した。また、ブルーシールアイスクリームでもHONEY BEEをモチーフにしたフレーバーのアイスクリームを開発するとのことだ。

オリジナル待受画面 オリジナル待受画面も用意した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加