logo

だれでもWikiサイトを構築できる「Google Sites」が正式提供

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年05月23日 06時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月21日遅くに、その公式ブログ上で、簡単にウェブサイトを構築できる「Google Sites」サービスに関して、あらゆるGoogleの登録ユーザー向けに提供を開始したと発表した。

 これまでGoogle Sitesは、「Google Apps」スイートのアカウントを保有し、独自ドメインを持っている企業のみが利用できるサービスだった。

 (早くは1998年に遡る)以前から無料で提供されてきた、他のウェブサイト構築サービスとは一線を画する特徴として、Google Sitesでは、共同制作型のサービスを実現する。GoogleのエンジニアリングマネージャーであるAndrew Zaeske氏は、今回の発表の中で、Google Sitesが「チームプロジェクト、企業イントラネット、コミュニティーグループ、教室、クラブ、家族の最新コミュニケーションなど、さまざまな用途に適合する」理想のサービスであると語った。

 HTMLに関する知識は全く不要で、構築されるウェブサイトは、「sites.google.com/organicwheatgrassmoothieclub」といったGoogleドメインにホストされることになる。

 Google Sitesは、Googleが、Wikiプラットフォームを提供していたJotSpotを2006年に買収した時に立ち上がったプロジェクトである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集