logo

シグマA・P・O、傷つきにくく、ペン入力も可能な液晶ディスプレイ用フィルター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シグマA・P・Oシステム販売は5月21日、液晶ディスプレイ保護フィルター「SFTAGシリーズ」を5月下旬に発売すると発表した。

 粘着素材のオレフィン系エラストマーを使用し、貼り付け時に空気が混入しにくいのが特徴。再剥離タイプなので、貼りなおしも可能。フィルター表面は傷がつきにくい3Hハードコートを採用。また、ペン操作に適した基材を使うことで、ペン入力にも対応した。ウェットとドライの液晶クリーナーが付属。12種類のサイズで展開する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は12.1型対応の「SFTAG121」が2280円、ワイド13.3 型の「SFTAG133W」が2480円、15型対応の「SFTAG15」が2780円、17型対応の「SFTAG17」が3480円、ワイド8.9型対応の「SFTAG89W」が1680円、工人舎のコンパクトノート向け「SFTAG7WK」が1380円、Eee PC向けの「SFTAG7WA」が1380円。

シグマA・P・Oシステム販売

-PR-企画特集