logo

日本のソフトウェアの23%は違法コピー--BSA調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は5月14日、全世界および各国・地域における2007年1月から12月のコンピュータソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第5回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。この調査は、BSAがハイテク調査会社のIDCに委託したもの。

 調査結果によると、日本における2007年の違法コピー率は前年比2ポイント減の23%と世界で4番目(前年3番目)に低かったものの、損害額は約17.9億ドル(約2112億円)と、世界ワースト9位(前年5位)という結果であった。

 全世界の違法コピー率については、調査対象108カ国のうち8カ国で上昇した一方、67カ国で低下した。ただ、違法コピー率の高い国でパソコン市場が急激に拡大していることから、全世界の違法コピー率は対前年比3ポイント増の38%、損害額は21%増の約482億ドル(約5兆6876億円)という結果になっている。

-PR-企画特集